HIAについて

委員会紹介(2020年度)

経営委員会

 これまでのビジネスや事業モデルに先が見え始め,デジタルをキーワードにビジネスモデルのチェンジを求めるデジタルトランスフォーメーション(DX)の声も高まってきた中,ICT企業への期待は,ますます高まるばかりです。
 ITの役割が変化する中で,広島県,広島市,中国経済産業局や各企業団体からの情報提供や新たなビジネスモデルの構築に参加できる人材の育成を目的としたセミナー等の開催を企画し,ICT企業経営者を支援します。

1.定例委員会の開催
・会員の経営者間で情報交換・協議を行います。
・活動計画を協議し実施します。

2.セミナーの実施
・経営者やリーダーに,ビジネスの各場面で期待される「問題解決力」について,実際に発生した事象をもとに,ケーススタディを中心としたセミナーを開催します。

3.情報提供の実施
・広島県,広島市,中国経済産業局や各企業団体からのセミナー情報や最新情報などを会員企業に情報発信します。

技術委員会

 会員がAI,IoT等の最先端の知識や実装技術を習得することを目的としたセミナー等の開催及び委員会参加企業の経営に資する見学会等を実施します。
 また,セミナー等の企画立案を中心に毎月委員会を開催し,メンバー同士の意見交換を行います。今年度開催予定の「情報化シンポジウム’20」に向けては最先端のIT関連情報などをテーマとした講演,セミナー等の開催を企画します。
 IoT研究部会においては,現実的なIoT導入を見据えた課題解決型セミナーを企画します。また,実際にIoTを取り入れている企業の見学も企画します。
 さらに,よりIoTの実態に則した知識・技術の習得のための講習会を前年に引き続き開催企画します。

1.定例委員会の開催
①最新技術情報の交換を行います。
②協会が主催する各種行事への対応を協議し遂行します。
③活動計画を協議し実行します。

2.セミナーの開催
①年4回開催予定のセミナーで会員に役立つ情報を提供します。
テーマとしては,IoT,AI,ビッグデータ,ロボティクス等の先端技術を中心に企画します。また,IoTについてはハンズオン形式によるボードコンピュータとカメラや人感・温度センサーを使って監視IoTデバイスを作成するセミナーを企画します。
②委員会メンバーが相互に技術情報を提供するミニセミナーを開催します。
③委員会参加メンバーの経営に資する見学会を企画し実施します。

3.「情報化シンポジウム’20」
①「情報化シンポジウム’20」の開催に向け,基調講演,セミナー等のテーマならびに講師の選定を行います。
②講演,セミナーの実施に向け会場準備,機材調整などの諸準備ならびに当日の運営を行います。

4.IoT研究部会
①より実践的なIoT導入に関する講演会及びIoT課題解決型セミナーを開催します。
②現場のIoTである計測制御に則した講習会を開催します。

人材開発委員会

①高収益型事業構造を実現するための人材育成に取組みます。
②地方の労働力不足が深刻化する中,働き方改革,人材採用・活用など直近の課題への対応を行います。
③地域の産業振興のために,地域ユーザ企業のITイノベーションの具体化に資するICT人材の育成に取組みます。

1.人材育成と教育機関との連携
高付加価値事業領域への転換並びに情報技術,経営力強化に資する人材教育を推進します。また,県内の大学・専門学校,IT人材教育機関と連携し,情報交換を行うとともに,タブロイド紙の発行を継続し,採用活動の活性化を図ります。

2.セミナーの実施
労働人口の減少や首都圏への流出に伴い,会員企業の人材活用はますます難しい時代になっています。定年延長やダイバシティなど雇用形態の多様化や,ハローワークシステムの改革など雇用を取巻く最新動向についてセミナーを開催します。
また,働き方改革関連法の進展に伴い,労働時間や休暇取得への対応や,テレワークなど環境整備への対応などに関しても情報提供して参ります。

3.人材戦略に資する情報提供
デジタルトランスフォーメーション時代の人材戦略は,企業の事業戦略に基づいて柔軟かつダイナミックな運用が求められます。
昨年度ワークショップ体験会において紹介した事業戦略とスキル管理を一体化したiコンピテンシーディクショナリ普及に向けた意見交換会を開催します。

企画委員会(IT総合展準備委員会)

 「ひろしまIT総合展2021」の来年度開催に向けた準備・企画検討を行います。
行政機関や各種団体との連携(共催・後援等)を深め,最新のIT技術や製品・サービスを紹介することにより,地域産業の発展に寄与できるよう,イベントの成功に向けて取り組んでまいります。

①準備委員会の組織編制
②準備委員会の開催
③行政機関,関連団体との連携協議
④開催企画書(案),収支予算(案)の作成
⑤出展検討のためのアンケート実施

HiBiS特別委員会

 HiBiSのミッションである「広島におけるインターネットを活用したビジネスの活性化」を実現するため,IT企業のみに限らずIT業界以外の組織や個人の方が参加できる機会を増やし,さらに各々の部会に顧問を設置することにより,産学連携を強化することを大きな方針とし,これまでの各大学との連携をさらに強化して,若年層の技術者や起業家の発掘に努めます。
 まず,毎年開催している「HiBiSインターネットビジネスフォーラム」を引き続き開催する他,各部会からテーマを持ち寄り,「IT勉強会(オープンセミナー)」の開催を定期的に企画して行きます。これまでに実績のある一般社団法人テレコムサービス協会との共催イベントを継続し,さらに独立行政法人情報処理推進機構(IPA)及び公益財団法人広島市産業振興センターとの連携を深めて行きます。
 また,インターネット・セキュリテイの分野においては,情報セキュリティに関する技術的要件を中心に,最新動向と問題点等を調査・研究し,独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と連携して「セキュリティ・ミニキャンプ」及び「SECCON」を開催します。さらに,インターネットビジネスを展開する上で,ユーザ・インターフェイスを考慮したデザインの重要性が増してきていることから,UI/UX研究部会を中心として新たな資格制度へも取り組みます。
 本年度は,2年に一度,「情報化シンポジウム広島’20」が開催される年度であり,テーマや主旨に沿ったセミナーを企画・実施する予定です。毎年開催しています「HiBiSインターネットビジネスフォーラム」も,この「情報化シンポジウム広島’20」のイベントとして開催することで集客や周知の相乗効果を狙います。
 以上のように今年度もHiBiSは広島発のインターネットビジネスやベンチャー企業の発掘を行うことで,業界および地域社会の情報化・高度化に取り組んでいきたいと考えております。

HiBiS(ハイビス)広島インターネットビジネスソサイエティhttps://www.hibis.jp/

総務委員会

 事業計画と予算の立案・執行の本部機能を発揮し,各委員会の活動を側面より支援していきます。具体的には事業計画および予算・決算の取り纏め,各種会議の取り纏め,行政・外部団体とのパイプ役,さらに各委員会に属さない業務も含め幅広い業務を事務局と連携して行います。

1.総務委員会
・事業計画と予算の執行に関わる業務全般
・総会・賀詞交歓会の開催

2.総務部長部会
・総務部長会の開催(年4回程度)

3.交流部会
・記念講演会,懇親会の開催(総会,賀詞交歓会)
・会員親睦行事の開催
・ビジネス交流会の開催(年2回程度)

4.海外交流部会
・講演会,研究会,会員ニーズのアンケート調査実施
・海外視察の実施,検討

5.広報部会
・通常の広報活動
  情産協ニュースの作成
  情産協ホームページの運営
  情産協SNSの運営
  協会会員向けのメールでの情報提供
  広報基盤の整備
・「情報化シンポジウム広島‘20」向けの広報活動

申込

HIAについて