HIAについて

委員会紹介(平成30年度)

経営委員会

IT産業を取り巻く法的な環境(労働基準法,高年齢者等の雇用の安定等に関する法律,労働者派遣法)及び人口の減少に伴う「働き方改革」への諸問題を見据えて,行政機関等による説明会や意見交換を行いながら,IT企業経営者を支援します。

1.マーケティング研究部会
 中小企業診断士を招き「経営者・次世代リーダーが知っておきたいビジネス・フレームワーク」()として,「成長の視点」・「競争の視点」・「マーケティングの視点」・「財務の視点」の4つのテーマについてセミナーを開催いたします。

技術委員会

会員が先端技術を習得することを目的としたセミナー開催企画を中心に,毎月の定例委員会を開催し,メンバー同士の情報交換を行います。

  1. IoT特別研究部会
    公共機関との連携を図り,共同でセミナーを開催し,IoTの概要・深層学習について学びます。また,県が実施する実証実験にも積極的に参画いたします。

人材開発委員会

会員企業の高収益型事業構造を実現するための人材育成やモノづくり力,ソフトウェア開発力向上につながる人材育成に取り組みます。

  1. 人材育成研究部会
    地域の産業振興のために育成すべきIT人材をテーマに,会員企業の人材育成状況と県内ユーザ企業が求めるICT人材像を把握し,その育成施策のモデルプランの策定および取り組みを推進します。

企画委員会(IT総合展準備委員会)

本年度は隔年開催の「情報化シンポジウム広島’18」の開催年度です。各委員会と連携し,開催テーマ・内容,講師対応,広報,当日の運営等,イベント全体の取りまとめを行います。また,情産協が実施するもう一つの重要なイベント「ひろしまIT総合展」(隔年開催)の来年度開催に向けた準備・企画検討を行います。

HiBiS特別委員会

HiBiSのミッションである「広島におけるインターネットを活用したビジネスの活性化」を実現するため,IT企業のみに限らずIT業界以外の組織や個人の方が参加できる機会を増やし,さらに各々の部会に顧問を設置することにより,産学連携を強化することを大きな方針とし,これまでの各大学との連携をさらに強化して,若年層の技術者や起業家の発掘に努めます。
まず,毎年開催している「HiBiSインターネットビジネスフォーラム」を引き続き開催する他,各部会からテーマを持ち寄り,「IT勉強会(オープンセミナー)」の開催を定期的に企画して行きます。これまでに実績のある国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT),および一般社団法人テレコムサービス協会との共催イベントを継続し,さらに独立行政法人情報処理推進機構(IPA),および公益財団法人広島市産業振興センターとの連携を深めて行きます。
また,インターネット・セキュリティの分野においては,情報セキュリティに関する技術的要件を中心に,最新動向と問題点等を調査・研究し,独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と連携して「SECCON」を開催します。さらに,インターネットビジネスを展開する上で,ユーザ・インターフェイスを考慮したデザインの重要性が増してきていることから,UI/UX研究部会を中心として新たな資格制度へも取り組みます。
本年度は,2年に一度,「情報化シンポジウム」が開催される年度であり,テーマや主旨に沿ったセミナーを企画・実施する予定です。毎年開催していますHiBiSインターネットビジネスフォーラムも,このシンポジウム期間中のイベントとして開催することで集客や周知の相乗効果を狙います。
今年度もHiBiSは広島発のインターネットビジネスやベンチャー企業の発掘を行うことで,業界および地域社会の情報化・高度化に取り組んでいきたいと考えております。

HiBiS(ハイビス)広島インターネットビジネスソサイエティhttp://www.hibis.jp/

総務委員会

各委員会と連携し協会全体の事業計画と予算の執行に関わる業務全般を支援していきます。イベントとしては総会,賀詞交歓会の取り纏めを行います。
また,以下の部会を中心に労務関連の学習,情報提供を行っていきます。

  1. 総務部長部会
    会員企業の労働環境向上を目指して,意見交換会や勉強会を実施します。
  2. 広報部会
    協会の活動を内外に伝え理解いただくとともに,協会を活性化するための広報活動を行っていきます。
  3. 海外視察部会
    国際化に関する研究会,講演会の開催や海外視察の実施などの活動を行います。
  4. 交流部会
    会員間の交流を図るために,例年開催しているゴルフコンペのほか,スポーツ観戦,納涼イベント等を企画するとともに,会員以外との情報交換・懇親の場の提供に努めます。

 

HIAについて